失敗しないケータリングサービスの選び方

ケータリングサービスの業者はどのような基準で選べば良いのでしょうか? - ケータリングを利用するメリット・デメリット

ケータリングを利用するメリット・デメリット

大人数の集まりで食事をする時に便利なケータリングサービス。
そこにはメリットこそ沢山ありますが、デメリットもありますので、しっかりメリット・デメリットを理解してケータリングサービスを利用するかどうかを決めていきましょう。

メリット1.買出しに行かなくてもいい

まだケータリングやオードブルの出前のようなサービスが浸透していない時代は、集まった場で食事をするとなった場合は何かと自分たちで買出しに行きましたよね。
入念に何を買うかを準備してから行くはずなのに、買出しから帰ってきたあとに、紙コップがない、皿がない、箸を忘れた、飲み物が足りないだ多すぎだとなった経験も皆さんあるのではないでしょうか。
飲み物は大概の場合余りますよね。そして処分に困るという・・・。

メリット2.お皿がちゃんとしている!

デリバリーや自分で買出しの場合、よくあるのが「お皿が安っぽい」という問題。
なんだか、せっかくおいしいものを買ってきたとしても、紙やプラスチックのコップに紙皿だとなんだか味気ないですし料理も生えないですよね。
ケータリングサービスを頼むと、業者がちゃんとしてお皿のセットまで用意してくれるので、きちんと間がまします。

メリット3.スタッフのサービスがついてくる

ケータリングはなんといってもスタッフがサービスを行ってくれるという点。
準備も片付けも業者がやってくれますし、ドリンクのお代わりや空いたお皿をさげたりテーブルの清潔を保ってくれるのもスタッフがやってくれます。
なので、幹事さんもしっかり楽しめるのがケータリングのいいところですよね。

デメリットは?

やはり、買出しやデリバリーに比べると値段確実にケータリングの方が上になってしまいます。
でも、準備から片づけまでやってもらって、サービスもついてデリバリーより安い、なんてはずありませんよね。
とはいってもケータリングは今では1人2000円くらいからできますので、もし会費を集められる会でしたらお店に行ったりするより金銭的な負担もないのかもしれません。

メリットデメリットを見て決めよう!

どうしても今回は低予算で抑えたい!というのであれば、自分で買出したりデリバリーを頼むのにはかないません。
しかし、予算よりも満足度を選ぶのであれば、ケータリングが圧勝といえるでしょう!
自分の理想にあわせてサービスを受けるかどうか決めていただけたらと思います。

関連する記事

Copyright(C)2016 失敗しないケータリングサービスの選び方 All Rights Reserved.